山梨県・長野県・静岡県でのビザ申請なら、ビザサポート山梨

ビザサポート山梨

【対応地域】山梨県・長野県・静岡県(東京都、神奈川県の方もお気軽にご相談ください。)

055-242-8874

電話受付時間 : 9:00~19:00 ※土日祝日は080-8051-9284におかけください。

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

HOME

配偶者ビザ申請が不許可だった場合

配偶者ビザの申請をして不許可だった場合、不交付通知書が日本人のあなたのもとに届きます。

不交付通知書には配偶者ビザ申請が不許可だった理由が記載されていますが、記載されている内容は抽象的な内容しか書かれておらず、具体的な内容は記載されていません。

ですので、具体的な不許可理由を聞きに申請をした出入国在留管理局に不許可理由を聞きに行きましょう。※不許可理由は1回しか聞くことができません。
品川にある東京出入国在留管理局では2階のD5カウンターで不許可理由を聞くことができます。不許可理由を聞く際は個室に通されて、不許可理由を説明してくれる職員と対面する形でお話を聞くことになります。入管の職員は不許可理由を淡々と述べます。丁寧に「ここが審査をする上で引っかかりました。ですのでこういう書類も一緒に提出した方がよいですよ。」なんて教えてくれません。また、その場で「ここはこういう事でした。」「こういうつもりで書きました。」はたまた「なんで不許可なんですか!」と意見や文句を言っても意味がありません。

不許可理由を聞いたらすること

不許可理由を聞いたら再申請をして許可がもらえそうであれば再申請をしましょう。しかし、再申請をする時は、不許可であった前回の申請のデータが入管には残っていて、そのデータと再申請の書類に齟齬がないか、ちゃんと審査で引っかかった部分が疎明されているかをチェックされますので再申請をする際はお気を付けください。

不許可の通知書が届いた際はとてもショックだと思います。しかし、慌てずに、なんで不許可であったのかを入管に行って聞き出しましょう。

不安であれば、弊所のようなビザの専門家があなたをサポートをしますので、一度ご相談してみてください。

無料相談受付中!

平日専用ダイヤル055-242-8874
土日祝日専用ダイヤル080-8051-9284
今すぐ、お気軽にお電話ください。
担当者が丁寧に分かりやすく対応いたします。
【対応時間:9:00~19:00(土日祝日でもお気軽にお問い合わせください。)
お問い合わせフォームはこちらをクリック

Return Top
Translate »