山梨県・長野県・静岡県でのビザ申請なら、ビザサポート山梨

ビザサポート山梨

【対応地域】山梨県・長野県・静岡県(東京都、神奈川県の方もお気軽にご相談ください。)

055-242-8874

電話受付時間 : 9:00~19:00 ※土日祝日は080-8051-9284におかけください。

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

離婚定住について【動画内容の書き出し】

はい。ビザ専門行政書士の市川です。本日は日本人と離婚した外国人と日本人との間の子供がいる外国人が取得する定住者ビザのポイントについて解説をしていきます。

日本人と結婚をしていて日本人の配偶者ビザを持っていた方が、日本人と離婚した場合、日本人の配偶者ビザのままでは日本にいることができません。
日本人と離婚した場合、「定住者ビザ」へ変更することとなります。
【離婚した日から14日以内に出入国在留管理局に離婚の届出をしてください。離婚の届出のフォーマットを概要欄に貼っておきます。】

また、結婚はしていないけど、日本人との間に子供がいる場合も定住者ビザを取得できる可能性がございます。

定住者ビザは日本人の配偶者ビザと同様、就労制限がないので、スーパーやコンビニなどでのレジ打ちや品出し、工場の製造ライン作業といった、いわゆる単純労働をすることができます。また、キャバクラ、パブなどの水商売でのお仕事もできます。定住者ビザを取るためにはいくつか要件がありますので要件を満たしていないと最悪、国に帰らなくてはいけなくなります。

それでは、日本人と離婚した外国人と日本人との間の子供がいる外国人が取得する定住者ビザのポイントを解説していきます。

まずは日本人と離婚して、日本人との間に子供がいない場合です。

1つ目は結婚していた期間が3年以上あること

2つ目は離婚してから、生活費などを稼いでいけるかということ

3つ目は日常生活に不自由しない程度の日本語能力があること
です。

1つ目の「結婚していた期間が3年以上あること」とは3年以上夫婦として一緒に生活をしていることが求められますが、単身赴任などで別居をしていた期間があったとしても、お互い、定期的に連絡を取っていたり、定期的に会っていたりしていれば大丈夫です。

2つ目の「離婚後、生活費などを稼いでいけるかということ」とは、外国人が離婚後、日本で生活をしていくことができるかということです。資産がある方なら良いのですが、大抵の外国人の方は日本でお仕事をしていかないと生活をしていくことができないと思います。お仕事は正社員でなくてもアルバイトや派遣社員でも構いません。日本でどうやって収入を得て生活をしていくのかを説明するようにしましょう。

3つ目の「日常生活に不自由しない程度の日本語能力があること」については2つ目の生活費などを稼いでいけるかということにもつながりますが、日本で生活をしていくためにはある程度の日本語能力がないと一人で生活をしていくことが難しいはずです。この日本語能力については意思の疎通ができる程度で大丈夫です。日本語能力検定などの資格をもっていることまでは求められません。

離婚後に定住者ビザに変更して日本に残りたい場合は、なぜ離婚をしたのか、現在の収入の証明や、今後日本でどのように生活していくのか、なぜ日本に残りたいのか、などを合理的に入管に書類で説明をする必要があります。

次に日本人との間の子供がいる場合の定住者ビザのポイントを解説いたします。

1つ目は外国人が日本人の実子の親権を持っていることが求められます。
【実子とは結婚しているふたりに産まれた子供(嫡出子)と結婚していないふたりに生まれた子供(非嫡出子)のことです。】

2つ目が離婚後、生活費などを稼いでいけるかということ

最初に解説をした子供がいない場合のポイントでは結婚している期間が3年あること、ということが求められましたが、外国人が日本人の実子の親権を持っている場合は、結婚していなくても大丈夫ですが、日本人と結婚をしていないで産まれた子供(非嫡出子)の場合は日本人が自分の子供ということを正式に認めることが必要です。(認知と言います。)
具体的にどういうケースがあるかというと、1つ目が日本人と結婚をしていて、日本人との間に子供がいる場合です。この場合は、離婚をした際に外国人に子供の親権があれば定住者ビザを取得できる可能性があります。
しかし、少し複雑なのが2つ目のケースです。
例えば、奥さんがいる日本人男性Aさんと外国人女性Bさんの間に子供ができたとします。
この場合、Bさんが子供の親権を持って、Aさんが子供を自分の子供ということを正式に認めれば(認知すれば)、Bさんは定住者ビザを取得できる可能性があります。

2つ目の「離婚後、生活費などを稼いでいけるかということ」とは、外国人が離婚後、経済的に子供を育てることができるかということです。正社員でなくてもアルバイトや派遣社員でも構いません。とにかく、働いて子供を育てることができることを証明すれば大丈夫です。しかし、離婚後、仕事が見つからなかったり病気になって働くことができなくなり、生活保護を受給することになった場合は、将来的には仕事を見つけて子供を育てていく計画があるということをちゃんと説明するようにしましょう。

以上が日本人と離婚した方と日本人との間の子供がいる方が取得する定住者ビザのポイントでした。

最後までご視聴ありがとうございました。

無料相談受付中!

平日専用ダイヤル055-242-8874
土日祝日専用ダイヤル080-8051-9284
今すぐ、お気軽にお電話ください。
担当者が丁寧に分かりやすく対応いたします。
【対応時間:9:00~19:00(土日祝日でもお気軽にお問い合わせください。)
お問い合わせフォームはこちらをクリック

Return Top
Translate »