山梨県・長野県・静岡県でのビザ申請なら、ビザサポート山梨

ビザサポート山梨

【対応地域】山梨県・長野県・静岡県(東京都、神奈川県の方もお気軽にご相談ください。)

055-242-8874

電話受付時間 : 平日9:30~19:30 休業日:土日祝日(事前予約で土日祝日対応可能)

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

HOME

比べてみました。

行政書士
ご自身
費用 行政書士に対する報酬の支払い 収入印紙などの実費のみ
お休みの日 もちろん平日の書類収集、出入国在留管理局への申請可能です。日本にある役所の書類は行政書士が収集代行可能です。 一般の会社員の方の場合、土日祝日休みです。書類を請求する役所、申請をする出入国在留管理局も土日祝日休みです。有給、半日休をもらわないといけません。
申請書類の作成 お客様の状況などをしっかりヒアリングし、的確な申請書類が作成できます。 ほとんどの方が申請書類の作成は未経験だと思います。申請書類の中に「理由書」というものがあります。不許可になるケースのひとつとして理由書に書くべきことを書かないということがあります。
出入国在留管理庁のホームページに必要書類が載っています。しかし、意外と収集の仕方がわからなかったりします。外国の方にしてみたらなおさらです。また、個人によっては必要書類だけ提出しても不許可になります。法的根拠をしっかり示せる添付書類の作成、収集も必要となるので大変です。
情報源 ​ビザを専門に扱っている行政書士は入管法、国籍法、戸籍法など在留資格に関する知識、資料、専門書を持っています。また、一般には公開されていない出入国在留管理庁の内部基準や過去の成功事例、失敗事例など、正確な根拠、法的根拠に基づいて判断します。 友人、インターネット、書籍など。個人によって必要書類、添付書類などは異なります。正しい情報は出入国在留管理庁からの情報です。
不許可の対応 1回だけ聞ける不許可理由で何を聞けば良いかなど前回の申請書類などをもとに洗い出し、ポイントを絞ります。そしてどのようなポイントが不許可だったのか専門家の視点で聞き出します。 ご自身で申請書類を提出して不許可だった場合、どうしてよいかわからなくなると思います。更新、変更の申請が不許可だと本国に帰らないといけません。出入国在留管理局では不許可の理由を1回だけ聞けます。入管側は親切に不許可理由を教えてくれません。不許可の理由が3つあったとしても聞かない限り1つしか教えてくれません。
Return Top
Translate »