山梨県・長野県・静岡県でのビザ申請なら、ビザサポートやまなし【運営:行政書士市川雄資事務所】

ビザサポートやまなし

【運営:行政書士市川雄資事務所】【対応地域】山梨県・長野県・静岡県(東京都、神奈川県の方もお気軽にご相談ください。)

055-242-8874

電話受付時間 : 9:00~19:00 ※土日祝日は080-8051-9284におかけください。

メール、LINEでのお問い合わせは24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

HOME

韓国人との国際結婚手続き

韓国人の方は男性、女性ともに18歳で結婚することができます。

結婚の手続きをする際はお互いの国で結婚の手続きをする必要があります。
韓国人との結婚の手続きは、お相手の方が既に日本にいる場合、日本国内で日本側と韓国側の結婚の手続きを完了させることできます。お相手の方が韓国にいらっしゃる場合でも、先に日本で結婚手続きをすると、どちらかが一方の国に行かなくても完了させることができます。しかし、先に韓国で結婚の手続きをする場合は日本人が必要書類を準備して短期滞在で韓国に行く必要があります。

日本で先に結婚手続きをする場合

STEP1 駐日韓国大使館から韓国人の方の結婚手続きに必要な書類を発行してもらう
日本で先に結婚手続きをする場合、外国人の方の婚姻要件具備証明書が必要となりますが、韓国は婚姻要件具備証明書を発行していないため、婚姻要件具備証明書に代わる書類を日本にある韓国大使館から発行してもらいます。※直接窓口に行かずに郵送でも発行してもらいます。
婚姻要件具備証明書とは?

駐日韓国大使館で発行してもらう書類

①基本証明書
基本証明書とは
②家族関係証明書
家族関係証明書とは
③婚姻関係証明書
婚姻関係証明書とは

STEP2 市町村役場で結婚手続きをする
駐日韓国大使館から発行してもらった①基本証明書②家族関係証明書③婚姻関係証明書を日本語に翻訳して提出します。

日本人が用意する書類

①婚姻届
②戸籍謄本

韓国人が用意する書類

①基本証明書(日本語への翻訳が必要)
②家族関係証明書(日本語への翻訳が必要)
③婚姻関係証明書(日本語への翻訳が必要)
④パスポート(お相手の方が韓国にいる場合は、コピーに自署したものでも受理してもらえます。)

※各市町村役場によって提出資料が異なり、上記の書類のほかに必要な書類もございますので結婚手続きをする前に市町村役場に提出書類の確認をすることをお勧めします。

STEP3 韓国側に結婚の報告をする
無事に市町村役場で結婚の手続きを終えたら韓国側に結婚をしたことを報告する必要があります。
お相手の方が既に日本にいる場合は駐日韓国大使館に届出をします。※直接窓口に行かずに郵送でも可能です。

お相手の方が既に日本にいる場合の駐日韓国大使館に提出する書類

婚姻申告書
②婚姻事項が記載された日本の戸籍謄本又は婚姻受理証明書(韓国語への翻訳必要)(婚姻届を提出した市町村役場で発行してもらえます。)
③家族関係証明書
④婚姻関係証明書
⑤おふたりのパスポート(郵送で届出をする場合はコピー)

※お相手の方が韓国にいる場合はお相手の方の住所地を管轄する市役所で婚姻申告をする必要がありますので、提出書類を市役所にお問い合わせください。

韓国で先に結婚手続きをする場合

STEP1 韓国にある日本大使館で日本人の婚姻要件具備証明書を発行してもらう
韓国で先に結婚手続きをする場合は日本人の婚姻要件具備証明書が必要となります。
婚姻要件具備証明書とは?

韓国にある日本大使館で婚姻要件具備証明書を取得する際の書類

①日本人の戸籍謄本(3ヶ月以内に取得したもの)(女性の場合100日以内に結婚していなかった事実が確認できる内容の戸籍謄本)
②韓国人の婚姻関係証明書(日本語翻訳が必要)(3ヶ月以内に取得したもの)
③日本人のパスポート
④韓国人の本人確認できる顔写真入りの公的身分証明書(住民登録証・運転免許証・パスポート等)
⑤申請書一通(窓口にある用紙に記入)
⑥手数料(12,000ウォン)

※ご結婚されるおふたりで申請する必要があります。
※婚姻要件具備証明書は即時発行されます。

STEP2 韓国の市役所で結婚手続きをする
韓国の市役所で婚姻届の提出を行います。

①婚姻申告書(市役所に置いてあります)(当人同士のサインと印・2人分の証人のサインと押印が必要)
②韓国人の家族関係証明書
③韓国人の住民登録証
④日本人の戸籍謄本
⑤STEP1で取得した日本人の婚姻要件具備証明書(韓国語への翻訳必要)
⑥日本人のパスポート

※市役所によっては提出書類が異なりますので、必ず、事前に婚姻届を提出する市役所にご確認ください。

STEP3 日本側に結婚の報告をする
無事に韓国で結婚の手続きが完了したら結婚が成立して3ヶ月以内に、韓国にある日本大使館または、日本の市町村役場どちらか一方に結婚をしたことを報告する必要があります。
※韓国にある日本大使館に婚姻届出をした場合、日本の戸籍に記載されるまで約1~2ヶ月かかります。

日本側に結婚の報告をする際に提出する書類

①婚姻届
② 韓国人の婚姻関係証明書(結婚した日本人が記載がされているもの)(日本語への翻訳必要)
③日本人の印鑑
④本人確認ができるもの(運転免許証、パスポートなど)

※各市町村役場によって提出資料が異なり、上記の書類のほかに必要な書類もございますので結婚手続きをする前に市町村役場に提出書類の確認をすることをお勧めします。

無料相談受付中
平日専用ダイヤル055-242-8874
土日祝日専用ダイヤル080-8051-9284
お気軽にお電話ください。
ビザ専門の行政書士が丁寧に分かりやすく対応いたします。
【対応時間:9:00~19:00(土日祝日でもお気軽にお問い合わせください。)
お問い合わせフォームはこちら
LINEで問い合わせ
メール、LINEからのお問い合わせは24時間受け付けております。
Return Top
Translate »