山梨県・長野県・静岡県でのビザ申請なら、ビザサポート山梨

ビザサポート山梨

【対応地域】山梨県・長野県・静岡県(東京都、神奈川県の方もお気軽にご相談ください。)

055-242-8874

電話受付時間 : 平日9:30~19:30 休業日:土日祝日(事前予約で土日祝日対応可能)

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

HOME

株式会社を作るための費用

外国人が1人で株式会社を設立するためには資本金が500万円以上必要です。
500万円を出資しないで設立する方法
499万円では経営管理ビザは取れません。
資本金の他に、日本人が株式会社を設立するときと同じ費用がかかります。

定款の認証にかかる費用

・定款の認証手数料 5万円 
・収入印紙代 4万円
・定款の謄本手数料 1枚250円×枚数分

設立登記にかかる費用

・登録免許税 15万円(資本金の額の0.7%で、その額が15万円に満たない場合は一律15万円)
・登記事項証明書 1通600円(オンラインで取得した場合は、1通500円)
・会社の印鑑証明書 1通450円
・会社の印鑑を作成(印鑑セットを購入の場合) 約1万円~

合計24万1,300円~(定款の謄本手数料や登記事項証明書は複数枚なのでさらに価格が上がります。)

行政書士に依頼すると4万円安くなるって本当?

会社設立を扱っている専門家(司法書士や行政書士等)は電子定款を作ることができます。電子定款は紙で作る定款ではなくてその名の通り、電子文書(パソコンで作る電子ファイル)で作る定款です。
電子文書で作る場合、収入印紙代の4万円は不要となります。
ご自身で電子定款用のソフトや機器をそろえようとすると10万円近くかかります。

以上のように外国人が株式会社を設立するためには、資本金と定款の認証費用や設立登記費用がかかります。また、オフィスを借りる場合は家賃、デスクやパソコンをそろえる費用などいろいろとお金がかかります。

Return Top
Translate »