山梨県・長野県・静岡県でのビザ申請なら、ビザサポート山梨

ビザサポート山梨

【対応地域】山梨県・長野県・静岡県(東京都、神奈川県の方もお気軽にご相談ください。)

055-242-8874

電話受付時間 : 平日9:30~19:30 休業日:土日祝日(事前予約で土日祝日対応可能)

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

HOME

家族滞在ビザQ&A

Q.就労ビザで日本に滞在しているのですが、母国にいる子供を呼べますか?

A.家族滞在ビザ申請で一番多いのが、先に親が日本に来て、その後に子供を呼び寄せるというパターンです。
ここで気を付けたいのが、離れている期間が長ければ長いほど家族滞在ビザで呼び寄せるのが難しくなります。入国管理局はいままでなぜ本国で別の者が育てていたのか、その事情がどのように変わったのか、なぜ今から日本に呼ぶのかなどと怪しみます。説明責任は申請者側にあるので、しっかりと説明をしないと家族滞在ビザは不許可になります。

Q.家族滞在ビザから留学ビザに変更しました。今年、就職先が見つからなかったので家族滞在ビザに戻せますか?

A.原則、戻すことはできません。就職先が見つかるまで1年間は「特定活動ビザ」で滞在することができますが、もし就職先が見つからなかったら母国に帰らなくてはいけません。

Q.留学ビザで滞在していて収入がないのですが妻と子供を呼ぶことができますか?

A.可能です。弊所のお客様で留学ビザで奥様をお呼びしたケースがあります。しかし、呼び寄せる方を養えるほどの貯金などがなければなりません。必要額については一律に定められていませんが、お住いの地域や在留状況を判断していると思われます。ご自身で判断する前に一度、専門家に相談することをおススメします。

Q.20歳だけど家族滞在ビザは取れますか?

A.家族滞在ビザは年齢が上がるにつれてビザの取得が難しくなります。特に仕事に就ける年齢(18歳以上)だと家族滞在ビザの取得は難しいです。入管は家族滞在ビザで日本に来て、不法就労をさせるのではないかと怪しむからです。しかし、もし、あなたが20歳で学生で親の扶養を受けるのであれば家族滞在ビザを取ることが可能です。

Return Top
Translate »