ビザの事なら、ビザサポートやまなし【運営:行政書士市川雄資事務所】

ビザサポートやまなし

【運営:行政書士市川雄資事務所】◇全国対応◇

055-242-8874

電話受付時間 : 9:00~19:00 ※土日祝日は080-8051-9284におかけください。

メール、LINEでのお問い合わせは24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

HOME

フィリピンを出国できない!?

既に日本で結婚手続きを完了させていて、日本にあるフィリピン大使館・領事館で結婚手続きをするために短期滞在ビザで来日しようとしているフィリピン人がフィリピンを出国する時に空港で出国できない、止められちゃうというケースを最近よく耳にするようになったので、フィリピンの空港で空港審査官に止められた時の対応策、事前準備等について解説します。今回の対応策、事前準備書類については、私のお客様が実際に体験した話や、他の方の情報をもとに私が考える対応策なので100%出国できることを保証するものではないことをご了承ください。
㊟こちらのページは既に日本側の結婚手続きを完了させて、これからフィリピン側の結婚手続きをしようとしている方向けのページです。
コロナ禍での結婚手続き方法についてはこちらをご覧ください。

フィリピン人との国際結婚手続き【コロナ禍バージョン】
動画での解説はこちら

問題の概要

日本で結婚手続きを完了させたら日本人の配偶者という身分になるので、短期滞在ビザ(親族訪問)で呼び寄せることができるようになります。(日本に行く目的は日本にあるフィリピン大使館・領事館で結婚手続きをするためですので、この時点ではまだフィリピン側の結婚手続きは完了していません。)
短期滞在ビザはフィリピンにある日本大使館・領事館に申請をするのですが、日本大使館・領事館が「日本に行ってもいいよ」と判断をすると、フィリピン人のパスポートに査証が貼られます。
2022年2月10日許可の査証

しかし、「日本に行ってもいいよ。」という許可をもらっているにもかかわらず、フィリピンの空港で出国を止められちゃうというケースが最近多発しています。

なぜ空港で止められちゃうの?

なぜ、空港で止められちゃうのかというと、「日本人と結婚しているのであればフィリピン側の結婚証明書を見せてください。」と言われるからです。

そもそも今回の短期滞在の目的は日本にあるフィリピン大使館・領事館でフィリピン側の結婚手続きをするためで、日本側からも「行ってもいいよ。」という許可をもらっているのですが、フィリピン側の結婚証明書を求められるそうです。

それは審査官とフィリピン人との間でこのような質問と回答になるからです。
(諸々質問されるようですが、その他の質問は省略します。)

審査官 「何をしに日本に行くのですか?」

フィリピン人 「これから夫又は妻に会いに行きます。」

審査官 「では結婚証明書(Certificate of Marriage、Report of Marriage)を見せてください。」

フィリピン人 「フィリピン側の結婚証明書はありません。」
※これからフィリピン側の結婚手続きをしに日本に行くのだからなくて当然です。

審査官 「CFOセミナーは受講しましたか?」
※配偶者ビザで出国するフィリピン人はCFOセミナーを受講していないといけないのですが、短期滞在ビザの場合はCFOセミナーの受講は不要です。

フィリピン人 「受講していません。」

審査官 「日本人と結婚しているのであれば、フィリピン側の結婚証明書の提示とCFOセミナーを受講していないと出国できません。」

というような事が起こっているそうです。

どうやら、フィリピンの空港審査官は日本にあるフィリピン大使館・領事館でフィリピン側の結婚手続きができることを知らないようで、フィリピン側の結婚手続きを完了させてからじゃないと行けない。の一点張りだそうです。
(実際にフィリピンと日本にいながらでもフィリピン側の結婚手続きは可能ですが半年くらいかかります。)

対応策と事前準備書類

もし、空港審査官に止められてしまった場合は以下のものを事前に準備しておいて、空港審査官に日本でフィリピン側の結婚手続きをしに行く事日本でもフィリピン側の結婚手続きができる事を説明するようにしてください。

①在フィリピン日本国大使館・領事館に短期滞在ビザを申請する時に提出した交際の経緯、日本に行く目的を記載した招へい目的理由書、説明書等を英語翻訳したもの
※今のところ、急遽Google翻訳したものでも出国できています。

②日本で結婚している事がわかる戸籍謄本等を英語訳したもの
※私のお客様は婚姻届を見せろと言われたそうです。婚姻届については事前に日本にあるフィリピン大使館・領事館に持って行くための婚姻届記載事項証明書を取得しておき、コピーをしておけば対応できます。

③2人が写っている写真数枚 
※これもお客様が求められたそうです。プリントアウトせずにスマートフォンに入っているものを審査官に見せる形でも大丈夫かと思います。

④日本にあるフィリピン大使館・領事館の結婚手続きに関するページ
※これは駐日フィリピン大使館、在名古屋フィリピン総領事館、在大阪フィリピン総領事館のページに日本での結婚手続きに関するページが英語で載っているのでそれを見せて、日本でフィリピン側の結婚手続きができること、これから手続きをしに行くこと伝えるためです。
駐日フィリピン大使館でのReport of Marriage取得に関するページ
在名古屋フィリピン総領事館のReport of Marriage取得に関するページ
在大阪フィリピン総領館のReport of Marriage取得に関するページ

今のところ、出国審査で止められた時に以上のものを見せて出国できています。
出国審査に時間がかかる事を想定して、出発時間のギリギリではなく、余裕をもって出国審査を受けるようにしてください。

さいごに

短期滞在ビザの査証が許可になっているのに審査官が自国の制度を知らずに出国を止めてしまうというのはおかしな事です。
長い期間お互い会えず、査証が許可になり、ようやく会えるとなったのに、こんな事で出国できないのは不憫でなりません。
このページをご覧になっている皆さんが無事フィリピンを出国できる事を願います。

フィリピンの出国に関して新たな情報、ご指摘等ございましたら、弊所までご連絡いただけますと幸いです。
メールアドレス:ysk@visa-support-yamanashi.com
LINE:LINE
電話番号:平日専用ダイヤル055-242-8874
土日祝日専用ダイヤル080-8051-9284
無料相談受付中
平日専用ダイヤル055-242-8874
土日祝日専用ダイヤル080-8051-9284
お気軽にお電話ください。
ビザ専門の行政書士が丁寧に分かりやすく対応いたします。
【対応時間:9:00~19:00(土日祝日でもお気軽にお問い合わせください。)
お問い合わせフォームはこちら
LINEで問い合わせ
メール、LINEからのお問い合わせは24時間受け付けております。
Return Top
Translate »