山梨県・長野県・静岡県でのビザ申請なら、ビザサポート山梨

ビザサポート山梨

【対応地域】山梨県・長野県・静岡県(東京都、神奈川県の方もお気軽にご相談ください。)

055-242-8874

電話受付時間 : 平日9:30~19:30 休業日:土日祝日(事前予約で土日祝日対応可能)

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

在留カードとは

外国人が日本に中長期間在留する場合、在留カードというものをもらいます。在留カードは出入国在留管理局が発行をします。
この在留カードは常に携帯していないといけません。在留カードの携帯は義務となっています。
入国審査官,入国警備官,警察官等から提示を求められた場合には,提示する必要があります。
在留カードを携帯していなかった場合は20万円以下の罰金,提示に応じなかった場合は1年以下の懲役又は20万円以下の罰金に処せられることがあります。

在留資格の更新や在留資格の変更を行政書士に依頼した場合、在留カードを行政書士に預ける場合があります。そういう場合は、行政書士から「預かり証」をもらえるので、依頼中に警察官等から提示を求められたら、「預かり証」を提示してください。

※16歳未満の外国人の場合は携帯義務はありません。

在留カードの表面には氏名、生年月日、性別、国籍・地域、住居地、在留資格の種類、在留期間及び在留期間の満了日、許可の種類及び許可年月日、在留カード番号、交付年月日及、在留カードの有効年月日、就労制限の有無、顔写真が記載されています。さらにICチップが内蔵されています。

裏面には引っ越しをした場合の新住所、資格外活動許可の有無などが記載されています。

サイズは免許証程の大きさです。

既に日本に在留している外国人は在留カードを持っていると思いますが、認定証明書で外国人配偶者を呼び寄せた場合は、成田空港、羽田空港、中部国際空港、関西国際空港などで入国時にもらえます。その時点では住所が確定していないため住所が書いてないので、後ほど区役所・市役所へ行き住所の記載をしてもらいます。

空港で在留カードがもらえなかった場合は、市区町村役場に住所の届出を行った後、10日ほどで、届け出た住所に簡易書留で在留カードが届きます。

Return Top
Translate »